ダイエット ノウハウ 筋トレ

【改善方法あり】あなたの筋トレ・ダイエットが続かない3つの理由【ジム編】

投稿日:2019-01-22 更新日:

筋トレやダイエットが続かないひとへ「DO NOT GIVE UP」のメッセージ

 

初心者
ジムでの筋トレ・ダイエットが続かない人

「筋トレ・ダイエットをするためにジムに通い始めたが、なかなか続かない。改善方法や続けるためのコツがあれば教えてほしい。」

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

✔ 本記事の内容

  1. あなたの筋トレ・ダイエットが続かない3つの理由
  2. 筋トレ・ダイエットを続けるコツ(改善方法)
  3. どうしても続かないときは、パーソナルジムという選択肢もあり

 

この記事を書いている僕は、筋トレ歴3年ほど。

ベンチプレス110kg、デッドリフト180kg、スクワット150kgくらいあげます。

3年間、週5でジムに通い続けています。

 

 

近年のフィットネスブームにより、筋トレやダイエットを新たに始める方が多くなっています。僕が通っているジムもいつも多くの方で賑わっています。

 

しかし、筋トレやダイエットは始めるのは簡単ですが、長期間続けるとなるとなかなか難しいものです。はじめはモチベーションも高いので、頻繁に通うのですが、モチベーションを維持するのは難しいので、徐々にジムに行くのが億劫になり、足が遠のいてしまいがちです。

 

というわけで今回は、「あなたの筋トレ・ダイエットが続かない3つの理由」をご紹介します。加えて、筋トレ・ダイエットを続けるコツも紹介していきます。

 

※この記事は5分くらいで読み終わります。

 

 

1.あなたの筋トレ・ダイエットが続かない3つの理由

筋トレ・ダイエットが続かない人の写真

 

あなたがジムでの筋トレやダイエットが続かない理由として、次の3つが考えられます。

 

  1. ジムが家から遠い
  2. ジムに行くことが習慣化されていない
  3. 自分の筋トレやダイエット経過について記録を取っていない

 

もし、ジム通いが続かない方で、上記の3つをしていない方は、それを改善することで続けられるようになる可能性があります。実際、僕はこれらを意識することで3年間ジムに通い続けることができています。

 

それでは、この3点について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

1-1.ジムが家から遠い

1つ目の理由として、【ジムが家から遠い】ことが考えられます。

 

筋トレやダイエットで結果を出そうと考えると、少なくとも週に2回程度はジムに通う必要があります。その時にジムが遠いと、最初はよくても継続的に通おうと思うとかなり大変です。往復の時間や荷物を運ぶ手間を考えると、よほど意思が強くないと徐々にジムに行くのが億劫になってきます。

 

僕も筋トレを始めたばかりの時は、少し離れたジムに通っていました。しかし、重たい荷物を持って自転車で数十分離れたジムに行くのはなかなか続けることができませんでした。その後、歩いて数分のジムに替えてからは、かなり楽に筋トレを続けることができふようになりました。

 

なので、筋トレやダイエットを続けるためには、ジムは近いに越したことはないのです。現在、ジムが遠くて筋トレやダイエットが続かないという方は、近いジムに替えることことで、続けられるようになる可能性があります。

 

1-2.ジムに行くことが習慣化されていない

2つ目の理由として、【ジムに行くことが習慣化されていない】ことが考えられます。

 

当たり前といえば当たり前ですが、ジムに行くことが習慣化されていないと、筋トレやダイエットは続きません。言い換えると、頑張ってジムに行っているうちは、続けるのがしんどくなってきます。頑張るというエネルギーがないとジムに行くことができない状態です。

 

このジムに行くことにエネルギーを使っている状態を、エネルギーがなくてもジムに行くことができる状態に変えなければいけません。具体的な方法は後述しますが、このエネルギーがいらない状態に変わることでジムに行くことが当たり前になり、筋トレやダイエットを続けることができるようになります。

 

1-3.自分の筋トレやダイエットの経過について記録を取っていない

3つ目の理由として、【自分の筋トレやダイエットの経過について記録を取っていない】ことが考えられます。

 

やはり筋トレやダイエットを続けるためには、一定のモチベーションを保ち続けることが必要になってきます。モチベーションを保つためのひとつのツールが記録です。記録をとらず、自分の筋トレやダイエットがどういう経過をたどっているかわからない状態では、モチベーションを保ち続けることはできません。

 

記録をとることで、いま現在自分が目標に対して、どのくらいの位置にいるのかを把握することができたり、小さな成功体験を積み重ねることができるので、行動が強化され、次の行動へつながっていきます。そうすることで自然と継続することができるようになっていきます。

 

なので、現在自分の筋トレやダイエットの経過について記録を取っていない方は、簡単なものでもいいので日々の記録をとることをおすすめします。

 

2.筋トレ・ダイエットを続けるコツ(改善方法)

筋トレを続けるコツを模索する女性の写真

 

ここまで、筋トレやダイエットが続かない理由について説明してきました。もう一度整理すると、以下の3つがありました。

 

  1. ジムが家から遠い
  2. ジムに行くことが習慣化されていない
  3. 自分の筋トレやダイエット経過について記録を取っていない

 

次にこれらに対する改善方法について説明していきたいと思います。改善方法としては、以下のようになります。

 

  1. 家から近いジムを選ぶ
  2. ジムに行くことを習慣化させる
  3. 筋トレやダイエット経過の記録をつける

 

では、それぞれ見ていきましょう。

 

2-1.家から近いジムを選ぶ

 

1つ目の改善方法として、【家から近いジムを選ぶ】ということが挙げられます。

 

これは説明するまでもないですが、いくつか同じような条件のジムがあるのなら、家から近いジムを選ぶことをおすすめします。筋トレやダイエットが続かない一番の理由は、「ジムにいくのがめんどくさい」とか「ジムに行く気が起きない」といったジムに行くまでの物理的・精神的な障壁だと考えています。

 

案外ジムに行ってしまえば、周りの人がトレーニングをしていたり、目の前にマシーンがあったりするので、なんだかんだ環境に流されてトレーニングをしてしまうことが多いです。

 

つまり、いかにジムに行くまでを物理的・精神的に楽にするかというところが非常に大事なポイントだと思います。 なので、なるべく自分の家に近いジムを選ぶことをおすすめします。

 

また、家の近くにジムがないという方も多いと思いますので、そういった方は自宅でトレーニングする選択肢を考えたり、ジムと自宅トレーニングを併用することをおすすめします。僕も家にダンベルがあり、腕の筋トレなど高重量を必要としない種目は、自宅で行うこともあります。

 

2-2.ジムに行くことを習慣化させる

 

2つ目の改善方法として、【ジムに行くことを習慣化させる】ことが挙げられます。

 

さきほども説明しましたが、頑張ってジムに行っている状態では、なかなか続けることが難しいです。頑張ってジムに行くということは、そこですでにエネルギーを消費してしまっているんですよね。エネルギーを使うということは大変なことということ。大変なので続かない。

 

なので、いかにエネルギーを使わず、楽にジムにいける状態をつくるかが大事になってきます。言い換えると、ジムに行くことが当たり前な状態になるということです。この状態になるためには何が必要かというと、ジムに行くことを習慣化させるということになってきます。

 

では、どうしたらジムに行くことを習慣化させることができるかというと、ジムに行くことを生活の一部に組み込ませるとよいです。

 

例として僕の場合で言うと、僕は仕事が終わった後に必ずジムに行くことにしていました。どれだけ疲れていても、気が乗らなくても必ず行くと決めてしまうんです。しかし同時に、ジムではトレーニングをしなくてもいいと決めていました。軽くストレッチをするだけでもいいですし、体重を測るだけでも他の人のトレーニングの様子を眺めるだけでもオッケーです。僕が行っているジムは水素水が飲み放題だったので、それを飲みに行ったりもしていました。ただ、絶対にジムには行くと決めていました。

 

そうすることで、ジムで筋トレやトレーニングをするかどうかは置いておいて、とりあえずジムに行く習慣はつきました。これが非常に大切で、こうなれば不思議なことに自然と筋トレやトレーニングをするようになっていきます。なぜかというと、人の行動は環境に影響を受けるからです。先ほども言ったように、ジムに行くと、周りの人がトレーニングをしていたり、目の前にマシーンが置いてあったりして、行動を起こしやすい状態になっています。

 

つまり、楽に筋トレやトレーニングができる状態にあるのです。これは勉強などでも同じで、家で勉強するより塾や図書館で勉強するほうが捗るのと同じ原理です。つまり、いかにこの状態に自分を持っていくかが非常に重要なポイントということです。

 

「ジムに行って、筋トレやトレーニングをしよう」と考えると、心理的な負担が大きくなるので、なかなかジムに行く気が起きなくなってしまいます。まずは、ジムに行くハードルを下げ、生活の一部に組み込むことでジムに行くことを習慣化させることができ、筋トレやダイエットを続けることができるようになるのです。

 

2-3.筋トレやダイエット経過の記録をつける

 

3つ目の改善方法として、【筋トレやダイエット経過の記録をつける】ということが挙げられます。

 

先ほども言ったように、筋トレやダイエット経過の記録をつけていないと、今自分が目標に対してどのくらいの位置にいるのかを把握することができないため、終わりが見えず挫折してしまいがちです。なので、筋トレやダイエットを始めたら、その経過を記録に残すことをおすすめします。

 

記録に残すといっても、何も難しく考える必要はなく、簡単なメモ程度でいいでしょう。詳細な記録を取ろうとして、それ自体がめんどくさくなっては元も子もないですから。

 

具体的には、毎日の体重であったり、その日に挙げた最高重量であったりでOKです。無理をしないでとれるものをおすすめします。また、スマホのカレンダーなど、普段よく目につく形で残すことをおすすめします。そうすることで、小さな成功体験を得ることができ、次の行動につながっていきます。

 

3.どうしても続かないときは、パーソナルジムに通うのもあり

パーソナルジムでトレーニングをする女性の写真

 

ここまで、筋トレやダイエットが続かない理由とそれに対する改善方法を解説してきました。

 

とはいえ、どうしても続かない場合もあります。そういうときには、パーソナルジムに通うこともありだと思います。

 

パーソナルジムは、トレーニングメニューの作成から、食事管理、ジムによってはメンタルのサポートもしてくれるので、自分一人でするよりもかなり続けやすいです。最近は、完全個室のものや女性専用のパーソナルジムも増えてきているので、どうしても続かない人にはおすすめです。

 

多くのパーソナルジムは無料カウンセリングを受け付けているので、悩む前にとりあえず動いてみることをおすすめします。

 

以下の記事で、まとめていますので参考にしてもらえるとよいかと思います。

<初心者におすすめのパーソナルジム3選>

<東京の女性専用パーソナルジム3選>

 

 

まとめ:筋トレ・ダイエットを無理なく続けられる方法を考えましょう

筋トレ・ダイエットを続けられるようになった女性の写真

 

記事のポイントをまとめます。

  • 筋トレ・ダイエットが続かない理由を3つ紹介しました。
  • ①ジムが家から遠い、②ジムに行くことが習慣化されていない、③自分の筋トレやダイエット経過について記録を取っていない。
  •  それに対する改善方法を3つ紹介しました。
  • ①家から近いジムを選ぶ、②ジムに行くことを習慣化させる、③筋トレやダイエット経過の記録をつける
  • どうしても続かない場合は、パーソナルジムもあり

 

こんな感じです。

 

何度も言っていますが、筋トレやダイエットを継続するためには、いかに楽に筋トレやダイエットができる状態をつくるかが重要なポイントになります。

 

気合や意思の強さといったものだけに頼ると、後々かなりしんどくなってきます。ある程度の意思の強さやモチベーションも大事ですが、これらは波があるため、楽に取り組める環境を作っておくに越したことはありません。

 

また、どうしても続かないときには、無理をせずパーソナルジムなどを活用することをおすすめします。少しお金はかかりますが、それだけの価値はあると思います。いずれにしても、頑張りすぎると続かないのでそこだけは注意してください。

 

というわけで今回は以上です。

 

みなさんも自分にあった筋トレ・ダイエットの方法を見つけて、目標にむかって頑張ってください。

 

-ダイエット, ノウハウ, 筋トレ
-, , ,

Copyright© Sho blog , 2020 All Rights Reserved.