ダイエット ノウハウ 筋トレ

【筋トレ・ダイエット】ジムで周りの目が気にならなくなる3つの方法【即時効果あり】

投稿日:2019-02-01 更新日:

周りの目を気にせずにトレーニングをする女性

 

初心者
ジムで周りの目が気になって集中できない人

「筋トレ・ダイエットをするためにジムに通い始めたが、周りの目が気になっていまいち集中できない。周りの目が気にならないためのコツがあれば教えてほしい。」

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

✔ 本記事の内容

  1. ジムで筋トレ・ダイエットをする時に周りの目が気にならなくなる3つの方法
  2. どうしても周りの目が気になる場合はパーソナルジムという選択肢もあり

 

この記事を書いている僕は、筋トレ歴3年ほど。

ベンチプレス110kg、デッドリフト180kg、スクワット150kgくらいあげます。

3年間、週5でジムに通い続けています。ジムでは周りの目は全く気になりません。

 

 

近年のフィットネスブームにより、筋トレやダイエットを新たに始める方が多くなっています。僕が通っているジムもいつも多くの方で賑わっています。

 

しかし、ジムで筋トレやダイエットは始めたはいいけど、周りの目が気になって集中できないといった方は、割と多いんじゃないんでしょうか。僕はそうでした(笑)

 

というわけで今回は、「ジムで筋トレ・ダイエットをする時に周りの目が気にならなくなる3つの方法」をご紹介します。

 

また、どうしても周りの目が気になってしまう場合にはパーソナルジムに通うのもありだという話もします。

 

※この記事は5分くらいで読み終わります。

 

 

1.ジムで周りの目が気にならなくなる3つの方法

周りの目を気にせずにトレーニングをする女性

ジムで筋トレ・ダイエットをする時に周りの目が気にならなくなる方法として、次の3つが挙げられます。

 

  1. 五感を封じる
  2. 自分の記録と向き合う
  3. ルーティーンを決める

 

3つあげましたが、大事ことは「いかに自分と向き合い、自分のことに集中するか」ということです。

 

逆に周りが気になるということは、自分の筋トレやダイエットに集中できていないと言えます。

 

そんな状態では、十分なパフォーマンスを発揮することはできませんよね。

 

それでは、この3点について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

1-1.五感を封じる

1つ目の方法として、【五感を封じる】ことが挙げられます。

 

少し大げさに書きましたが、主に視覚と聴覚になりますね。

 

今回紹介する方法の中では、一番簡単で即効性のあるものだと思います。

 

 周りの人の姿が見えたり、話し声が聞こえたりする状態だと気になっちゃうので、それを遮ってあげましょうということです。

 

具体的には、テンションの上がる音楽や筋トレ・ダイエット関連の動画を見ることをおすすめします。

 

そこに意識を向けることで、周りのことから意識が外れやすくなります。

 

筋トレやダイエットに対するモチベーションアップにもなって、一石二鳥なのでおすすめです。

 

なお、動画を見る際にマシーンやパワーラックを占領したまま見るのは、周りの方の迷惑になるのでそこだけ注意してください。

 

1-2.自分の記録と向き合う

2つ目の方法として、【自分の記録と向き合う】ことが挙げられます。

 

繰り返しになりますが、周りの目が気になるということは、自分の筋トレやダイエットに集中できてないということです。

 

それでは十分なパフォーマンスを発揮することはできません。

 

しっかり自分のトレーニングと向き合いましょう。 

 

具体的には、筋トレの重量や回数などで前回の記録を上回ることに集中するといいでしょう。

 

前回の記録を上回るためには、しっかりトレーニングに集中する必要があります。

 

そうすると、自然と周りの目が気にならなくなります。

 

周りの目を気にしている余裕がなくなるといった方が正しいかもしれません。

 

逆に周りの目を気にしている余裕があるということは、自分のトレーニングに集中できていないということですね。

 

なので、しっかり自分の記録を意識して筋トレやダイエットに取り組むことが大切です。

 

1-3.ルーティーンを決める

3つ目の方法として、【ルーティーンを決める】ことが挙げられます。

 

 プロ野球選手が打席に入り、バッティングの構えに入るまでのルーティーンをイメージすると分かりやすいですね。

 

イチロー選手とか特徴的ですよね。

 

ルーティーンを決めることで、集中した状態で打席に入ることができるんですね。

 

筋トレやダイエットでも同じことが言えます。

 

 ルーティーンといっても、そんなに難しく考えることはないです。

 

マシーンを使う前やセットに入る前に、「息を吐く」「両手で顔を軽く叩く」といった簡単なもので大丈夫です。

 

慣れてくると、自分自身が集中しやすいルーティーンがわかってきます。

 

例えば、僕はベンチプレスをする時、ベンチ台に横になってバーベルを持ち上げるまでの一連の動きや呼吸の仕方をルーティーン化しています。

 

2. どうしても周りの目が気になる場合はパーソナルジムという選択肢もあり

周りの目を気にせずにトレーニングをする女性

 

ここまで、ジムで筋トレやダイエットをする時に周りの目が気にならなくなる方法を解説してきました。

 

とはいえ、どうしてもジムで周りの目が気になってしまう方もいると思います。

 

そういうときには、パーソナルジムに通うこともありだと思います。

 

パーソナルジムは、人数が少ないこと、自分のトレーニングスペースが決まっていること、トレーナーの指導があることから、自分一人でするよりもかなり自分のことに集中しやすいです。

 

最近は、完全個室のパーソナルジムも増えてきているので、どうしても周りの目が気になる人にはおすすめです。

 

また、多くのパーソナルジムは無料カウンセリングを受け付けているので、悩む前にとりあえず動いてみることをおすすめします。

 

以下の記事で、まとめていますので参考にしてもらえるとよいかと思います。

<初心者におすすめのパーソナルジム3選【厳選】>

<東京の女性専用パーソナルジム4選【厳選】>

<【コスパ最強】安い東京のパーソナルジム4選【2019年】>

 

 

まとめ:自分自身との対話を大事にしましょう

周りの目を気にせずにトレーニングをする女性

 

記事のポイントをまとめます。

  • ジムで筋トレ・ダイエットをする時に周りの目が気にならなくなる方法を3つ紹介しました。
  • ①五感を封じる、②自分の記録と向き合う、③ルーティーンを決める
  • どうしても周りの目が気になる場合は、パーソナルジムという選択肢もあり
  • 自分自身との対話を大事にしましょう

 

こんな感じです。

 

筋トレやダイエットで十分なパフォーマンスを発揮するには、自分のトレーニングに集中することが大事になってきます。

 

そのためには、しっかり自分自身と向き合い、対話することが大事になってきます。

 

また、どうしても周りの目が気になってしまう場合には、無理をせずパーソナルジムなどを活用することをおすすめします。

 

少しお金はかかりますが、それだけの価値はあると思います。

 

というわけで今回は以上です。

 

この記事がみなさんのお役に立てれば幸いです。

 

-ダイエット, ノウハウ, 筋トレ
-

Copyright© Sho blog , 2020 All Rights Reserved.